Financial用語

ノンバンク、消費者金融【金融用語 金融機関編】

Financial用語
ノンバンク
概要
預金業務をせず、融資が主業務の金融機関。銀行や金融市場から調達した資金を貸し出します。消費者金融、カード会社、リース会社など。
解説
銀行や信用金庫などの金融機関のローンは顧客から担保を取りますが、ノンバンクでは借り手の信用力を担保に融資やショッピングの立て替え払いを行います。個人向けでは無担保の融資が中心で、利用時の審査が銀行より早く、返済方法を柔軟に変更できる利便性から金利は高くなっています。ノンバンクは金融市場から集めた資金と銀行からの借り入れを元手にして融資業務を行っています。調達コストがかかる面でも高金利です。
Financial用語
消費者金融
概要
一般消費者に対して、信用を担保にした個人向けの小口融資。銀行やほかのノンバンクから借りた資金を消費者に貸し出すサービス。
解説
消費者金融は、無担保の個人向け融資です。銀行や信用金庫などの金融機関が預金を資金源とするのに対し、消費者金融は金融市場からの調達以外に、銀行やほかのノンバンクからの借り入れを資金源とするため、調達コストがかかる分、金利が高くなります。消費者金融は、すぐにお金を借りたい人のニーズに合わせた審査スピードの早さが特徴です。融資申し込みや返済の方法が店頭、自動契約機、電話、郵送、インターネットなど多様で、返済方法を柔軟に変更できます。返済方法は、一括払いのほか、あらかじめ設定した借入限度額で自由に融資を利用できるリボルビング払いなどがあります。最高裁でのグレーゾーン金利の否認判決後、利用者からの過払い金請求で消費者金融各社は業績が悪化、業界は縮小傾向です。

関連記事

  1. 金融商品【金融用語 金融商品編】

  2. 日銀短観、米国雇用統計【金融用語 金融政策編】

  3. ユニバーサルバンク、インベストメントバンク【金融用語 金融機関編】

  4. アクテイブ型投資信託、ファンド・オブ・ファンズ【金融用語 金融商品編】…

  5. アセットアロケーション、リバランス【金融用語 金融商品編】

  6. ADR、外国債【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP