Financial用語

特別目的会社【金融用語 金融商品編】

Financial用語
特別目的会社
概要
証券化に必要な器として設立された法人の総称。自らが利益追求を行う事業体ではなく、資産を小口化するために存在します。
解説
通常、会社は事業による利益の追求を目的としますが、特別目的会社(Special Purpose Company:SPC)は、証券化の器になることを目的として設立された会社で、いわば「ペーパーカンパニー」です。資産流動化のスキームでは、資産を特別目的会社に売却、特別目的会社はその資産を裏付けに証券等を発行して投資家に販売します。資産の元の保有者は、受け取った資金を事業に活用できます。なお、「特定目的会社(TMK:Tokutei Mokuteki Kaisha)」は、特別目的会社の一種で、資産の流動化に関する法律(以下、資産流動化法)に基づいて設立される会社です。特定目的会社に対する規制は厳格ですが、反面、税金の軽減措置が適用できます。一方、特別目的会社の意味は幅広く、資産流動化法に関係なくとも、何か特定の目的のために設立された会社も含まれます。

関連記事

  1. 保護預り、証券保管振替制度【金融用語 金融商品編】

  2. 定額保険/変額保険、一般勘定/特別勘定【金融用語 金融商品編】

  3. 債券/公社債【金融用語 金融商品編】

  4. 債券の現在価値、国債【金融用語 金融商品編】

  5. 時価会計、税効果会計【金融用語 金融商品編】

  6. 現在値、気配値【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP