Amazon、Proof of Work暗号システムの特許を獲得

Tech巨人のAmazonは、bitcoinなどのブロックチェーンで使用されているものと同様の、作業証明(PoW)暗号化システムを構築するためのさまざまな技術について特許を取得しています。

2016年12月に最初に提出され、火曜日に米国特許商標庁(USPTO)から授与されたこの特許は、他の利点の中でもとりわけ、作業証明の課題に対する解決策としてMerkleツリーを生成する方法を概説しています。

Merkleツリー構造は、コンピュータ間で送信されたデータの検証を可能にし、ブロックチェーンなどのピアツーピアネットワークでは、ブロックが改ざんされていないことを確認するために使用されます。その概念は1979年に遡ります。

一方、Powは、サービス参加者に「仕事」をするように依頼することによってネットワークを保護するために使用されるアルゴリズムであり、しばしば複雑な数学的パズルを解くためにコンピュータ処理能力を使用することを含む。例えば、ビットコインブロックチェーンネットワークは、鉱山労働者が行った作業にPoWアルゴリズムを使用しています。

この場合、Amazonは、Merkleツリーの作成はアルゴリズムによって要求される作業であると言います。

「第1の当事者(例えば、クライアントコンピュータシステム)がコンピューティングリソースへのアクセスを要求することができる作業証明システム。第2の当事者(例えば、サービスプロバイダ)は、第1の当事者に提供され得るチャレンジを決定し得る。チャレンジに対する有効な解決策が生成され、要求が満たされるために提供されるかもしれません。」

「チャレンジは、メッセージおよびシードを含むことができ、その結果、シードは、チャレンジの解決策を生成するために使用され得る情報を暗号的に導出するために少なくとも部分的に使用され得る。ハッシュツリー[またはMerkleツリー]は、解を生成する時点で生成される可能性があります」と付け加えます。

また、PoWは、コンピュータネットワークを頻繁に攻撃するサービス拒否(DoS)攻撃や分散サービス拒否(DDoS)攻撃の防止にも役立つ可能性があるとAmazonは述べている。

有効な作業証明書を要求すると、DOSまたはDDOS攻撃の参加者に有効な作業証明書ソリューションが生成され、攻撃側のシステムで計算リソースを使用する必要が生じる可能性があるため、DOSまたはDDOS攻撃を軽減できます。攻撃に参加しているエンティティがリクエストを送信する可能性がある割合を劇的に減らします。」

他の場所では、特許はまた、ブロックチェーンおよび暗号通貨に関連する他の概念の中でも、「暗号鍵」、「デジタル署名」および「公開署名鍵」に言及している。しかしながら、この特許はブロックチェーンや暗号通貨については直接議論していない。

Amazonの暗号通貨についての多くの話題はこれまでとらえどころのないままで残っていますが、eコマースの巨人はブロックチェーンの分野にさらに進んでいます。今月初め、そのクラウド・コンピューティング・アーム、Amazon Webサービス(AWS)は、立ち上げた企業顧客の間で普及のためにその管理Blockchainサービスを。このサービスは現在オープンソースのフレームワークHyperledger Fabricをサポートしていますが、ethereumネットワークのサポートはまだ進行中で、今年後半には利用可能になる予定です。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP