ベネズエラ、国際貿易における論争の多いペトロトークンを採用

ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領は、国営石油相場が国の慢性的なインフレを解決し、経済を安定させるのに役立つとの考えを倍増させている。

マドゥロ氏は、経済問題を取り上げたテレビ出演中に、10月から国際貿易で石油の採択を発表した。この発表は、ロイター通信が報じたように、エコノミストやアナリストらが疑惑を抱いているにもかかわらず、このトークンは国際市場で受け入れられるとの見通しを示している。

国営テレビ局の報道によると、「ペトロは世界の為替、購入、転換可能通貨として通貨として参入する」と述べた。

今月2日に正式に開始された世界の貿易企業の正確な部門がこのトークンをどのように使用するかははっきりしていない。

マドゥロは、世界貿易に石油を投入することは、国の経済復興プログラムの一環として、トークンの開発と展開が行われた後に行われると付け加えた。

マドゥロ氏は、ソブリン・ボリバルは、石油に支えられた石油会社に釘付けにさえされることになっている。その後、国内銀行に対し、ペトロを会計単位として使用するよう命令した。

すぐにトークンの打ち上げ後、マドゥロはそれペトロスに彼らの売り上げの割合を変換するために、いくつかの国有企業のための要件で作られた、ということ。

しかし、ベネズエラの議員らが計画を「違法」と宣言し、ドナルド・トランプ米大統領もまた、石油取引を禁止する国に対して新たな制裁を科す執行令に署名したことで、非常に論議を呼んでいる。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP