送金会社がリップルの決済ネットワークに参加

Rippleは、配当元帳ベースの支払いネットワークRippleNetに新しいクライアントを追加し続けています。

昨日発表されたシンガポールに本拠を置くInstaReMとSao Pauloの2社である、国際的な送金会社であるBeeTechは、スピード、透明性、低コストというRippleの製品から利益を得るために提携しました。

コラボレーションにより、中南米諸国と現在InstaReMがサービスを提供しているいくつかの国(東南アジアと欧州の市場、リリース国など)間のブロックチェーンベースの支払いが促進されます。

BeeTechのFernando Pavani創設者兼CEOは次のようにコメントしています。「このRippleNetのパートナーシップは、シンプルなAPI接続で、xViaを通じて60以上の市場にまたがって支払いを送信し、新しいサプライヤにアクセスする能力を含め、顧客にワンストップショップ体験を提供します」

RippleNetに新たに加入したのは、5月26日にクウェート・ファイナンス・ハウスが締結したクロスボーダー決済用のサービスで、クウェートの最初の銀行であると主張して、ブロックチェーンを利用したネットワークに参加すると発表した。

先月だけでも、少なくとも6つの銀行と決済機関が、韓国の為替や送金サービスのCoinone を含む、Rippleのさまざまな支払いツールを利用することを選択しました。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP