Financial用語

保険金/給付金、告知義務【金融用語 金融商品編】

Financial用語
保険金/給付金
概要
保険事故が発生した時、受取人が保険会社から受け取るお金。保険金は死亡・高度障害、給付金は一般にそれ以外。
解説
保険金も給付金も、保険事故が起こった時に、受取人が保険会社から受け取るお金のことです。広い意味では保険金も給付金も保険金の枠で捉えられています。生命保険契約で保険金は、被保険者の死亡・高度障害によって受け取るお金を指し、給付金は被保険者の死亡・高度障害以外で受け取るお金を指すのが一般的です。給付金には、入院した時の入院給付金、手術をしたら手術給付金、不慮の事故で所定の障害状態になればその程度により障害給付金、生存していることが条件で受け取れる生存給付金などがあります。損害保険契約では、保険事故の発生によって損害が生じた場合に、被保険者に支払われるお金のことを保険金と呼びます。
Financial用語
告知義務
概要
保険契約の申し込みに際し、保険契約者・被保険者が保険会社に対し現在の健康状態や過去の病歴などを正確に告げる義務。
解説
保険会社は、保険契約者の公平性を保つために、危険にあう可能性の高い人との契約を制限したり引き受けない場合があります。被保険者の健康状態や過去の病歴、現在の職業などの重要な事実を告知するのはその判断のためです。もし、故意または重大な過失で重要な事実を告げなかったり、ウソの告知をした場合は、告知義務違反です。保険会社は契約後(または契約の復活後)2年以内なら保険契約を解除できます。告知義務違反の内容に関わる原因で死亡しても、死亡保険金は受け取れません。告知や医師の診査なしで加入できる「無選択型保険」もあります。健康状態などの告知は不要ですが、保険料は割高です。なお、無選択型保険でも、すべての場合で保険金が受け取れるわけではありません。

関連記事

  1. 共済、生保の株式会社化【金融用語 金融機関編】

  2. 任意の自動車保険、火災保険【金融用語 金融商品編】

  3. 金融政策決定会合、公定歩合【金融用語 金融政策編】

  4. リビング・ニーズ特約、保険契約者/被保険者/受取人【金融用語 金融商品…

  5. 景気動向指数、消費者物価指数【金融用語 金融政策編】

  6. 公社債型投資信託、インデックス型投資信託【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP